IPOで1ヶ月以上期間が空いたときの初値はどうなるのか?

スポンサーリンク

1ヶ月以上期間が空いたときのIPOについて

今週上場される「ビーブレイクシステムズ」についてですが・・・

IPOが前回上場されたのが4月末になりますので、前回の上場から約2か月の期間が空いての上場になりますので、上場するタイミングは良いと思います。

そこで、直近のデータで、1ヶ月以上の期間が空いたときのIPOの初値はどうなるのかと思い、少しだけ調べてみました。

以下、1ヶ月以上期間が空いたときのIPOについて、参考になればと思います。

はてな

一蔵  上場日2015/12/25
はてな 上場日2016/02/24

はてな 公募「800円」初値「3,025円」騰落率「+278.13%」

ホープ&アトラエ

ジャパンミート 上場日2016/4/21

ホープ 上場日2016/6/15
ホープ 公募「1,400円」初値「3,220円」騰落率「+130%」

アトラエ 上場日 2016/6/15
アトラエ 公募「5,400円」初値「12,720円」騰落率「+135.56%」

デファクトスタンダード

リファインバース    上場日2016/7/28
デファクトスタンダード 上場日2016/8/31

デファクトスタンダード 公募「1,630円」初値「2,300円」騰落率「+41.1%」

シャノン

ティビィシィ・スキヤツト 上場日 2016/12/27
シャノン         上場日 2017/01/27

ジャノン 公募「1,500円」初値「6,310円」騰落率「+320.67%」

初値はどれも上々

ビーブレイクシステムズについては、上記を見るとタイミング的には、ホープやアトラエの状況と同じということになります。

そして、公募割れはなく、軒並み上々の初値になっています。それは、ホープやアトラエだけのことでなく、全てにおいていえると思います。

それだけIPOについては「上場するタイミング」が重要になるということです。もちろん初値については、上場するIPO(銘柄)の内容にもよると思いますが・・・

最後に

結果、前回の上場から1ヶ月以上の期間が空いているということは、上場するタイミングが良いということになると思います。

そして、ビーブレイクシステムズについては、上場するタイミングだけを考えると、公募割れすることまずなく、相応の高い初値になると予想しています。

また、今後も上場期間が空いているIPOについては、銘柄にもよると思いますが、公募割れする確率はかなり低く、上場するタイミングは良いというこになると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク