ネット証券でIPOといえば、今はSBI証券一択でしょ!?

スポンサーリンク

マネックス証券の懐かしい思い出

ネット証券を使ってIPO(新規公開株)といえば、昔は「マネックス証券」でした。

そんなマネックス証券で有名な話しといえば、マネックス証券が主幹事だった「価格.com」のIPOで、一撃で「200万以上」(公募45万)の初値を叩き出したことだと思います。

当時は、少なですが、マネックス証券が主幹事というIPOもありましたので、ネット証券でIPOをやるなら=マネックス証券となっていました。

それ以外の話しですと「マルマエ」なども有名で、公募47万のところ、初値はなんと100万超えの「101万」という結果でした。

それでもマネックス証券は外せない!?

しかし、ここ数年は、マネックス証券が主幹事のIPOはゼロで、またIPO人気と相まって口座数も増えた関係から、あまり当選しない証券会社=マネックスとなってしまいました。

それは、時代の流れなので仕方がないと思います。

しかし、現在でも主幹事はないものの幹事になることも多く、チラホラですが「マネックス証券で当選した!」という話しも耳にしますので、マネックス証券は、まだまだIPOでは外せないネット証券だと思います。

ネット証券でIPOならSBI証券が最強!?

そこで最近大頭してきたネット証券といえば?それは「SBI証券」だと思います。

そのSBI証券は、最近ではIPOに力を入れ主幹事になることも多いネット証券ですので、IPOをやるのは、マネックス証券以上に外せない証券会社だと思います。

また、SBI証券では独自のIPOの「チャレンジポイント制度」があり、落選したとしてもそのポイントを貯めることで当選確率を上げることができます。

これは、他の証券会社にはないサービスで、IPOにはとても良いサービスだと思いますので、IPOでSBI証券を利用しない手はないと思います。

最後に

チャレンジポイント制度があるSBI証券は、本当の意味での「公平抽選」だと思います。それは、落選すればするほど当選確率を上げることができるからです。

そこで、SBI証券は「庶民に優しい証券会社=SBI」という図式が成り立つと思います。

IPOをやるなら、まず1番始めに開設すべき証券会社がSBI証券だと思います。それだけSBI証券は、IPOをする人には、切っても切れない関係だと思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク