IPO初心者が「高確率で勝つ」ための3つポイントとは?

スポンサーリンク

IPO初心者が勝つための3つのポイント

あるサイトを読んでいたところ、IPO初心者がIPO投資で勝つには「3つのポイント」があるそうです。その3つのポイントについて、私なりの意見を少し書きたいと思います。

以下、IPO初心者が勝つための3つのポイントについての説明です。

1、抽選で当選する。

IPOを得るには、BB(ブックビルディング)に申し込みをして、そのBBで当選して、初めてIPOを得ることができます。そして、当選すれば高い確率で利益を得ることができます。

ただし、IPOの当選確率は非常に低いですので、IPOに当選するのは「至難の業」です。

その当選確率は、年間で90前後あるIPOの全てに申し込んでも、当選枚数の多いIPOを省くとなると、年間で1~2回当選すれば、良い方なのではないでしょうか?

2、裁量でもらう。

裁量というのは、抽選(BB)には申し込まず、証券会社の担当から直接IPOをもらうことです。これが使えれば、IPOで相当な利益を上げることも可能だと思いますが、その名の通り裁量ですので、くれるくれないは担当次第になります。

そして、売買手数料や投信などで、証券会社に多くのお金落とせば、担当もこの人にはと裁量でくれるかもしれませんが・・・

しかし、資金の少ない人やあまり証券会社にお金を落とさないとなると、裁量でもらえるということはまずありません。ゆえに、通常で考えるなら裁量は無理だという話しです。

3、セカンダリーを狙う。

セカンダリーとは、IPOの上場後にその人気にあやかって、IPOを買うことで利益を上げるという方法です。

しかし、全てのIPOが上場後に値上がりするとは限りませんので、セカンダリーを狙うにしても、どのIPOを狙うのか?その選択が難しいことろです。

そして、IPOのセカンダリー狙いは、ハイリスク・ハイリターンとなっていますので、ギャンブル的な要素を多く含み危険だといわれています。

最後に

上記に書い3つについて、当選して利益を得るのがIPOの王道ですので、当選すれば高い確率で利益は取れると思います。

しかし、裁量でIPOをもらうとか、セカンダリーを狙うなどは「眉唾物」で、それが簡単にできるなら、誰もが大金持ちになれて苦労はしないという話しです。

そしてIPOは、初心者もベテランも関係なく、基本的に、抽選で当選して利益を出すという方法しかありません。それは、あくまでも当選してなんぼの世界だということです。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク