IPO新規承認「インバウンドテック」久々の東海東京証券が主幹事!

スポンサーリンク

IPO新規承認「インバウンドテック」

このほど「インバウンドテック」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「24時間365日・多言語対応コンタクトセンター運営事業、セールスアウトソーシング事業」となっています。

インバウンドテックのメイン業務は「インバウンド業務」になります。

インバウンド業務とは「受電業務」のことで、お客様やユーザーからの電話を受ける仕事のことをいいます。

詳細は、ヘルプデスクやシステム監視など、多様なニーズに対応する内容になっています。

インバウンドテックの上場スケジュールなど

主幹事  東京東海証券
上場予定 東証マザーズ
想定価格 3,810円
当選枚数 2,293枚
BB期間 6/12~6/18
当選発表 6/19
申込期間 6/20~6/25
上場日  6/27

※ 記載ミス、スケジュール変更など、上記と異なる場合があります。

インバウンドテックの総評①

インバウンドテックの業種については「サービス業」(コールセンターの運営など)になりますので、業種の人気としては「低い」と思います。

当選枚数は「2,293枚」と少ない「プラチナチケット」になりますので、その点での需要面は良いと思います。

また、主要大株主には「90日or180日or1.5倍」のロックアップ、VCありSOありになり、直後に行使できる枚数は少ないので、その点での需要面も良いと思います。

会社の売上や利益については、前年度と比べると横ばいになっていますので、業績については不安があると思います。

インバウンドテックの総評②

インバウンドテックについては、コールセンターの運営など、特に目新しい業態はなく、業態の人気としては低いと思います。

また、4社同時上場になりますので、資金の分散も気になるところです。

ただし、当選枚数が少ない「プラチナチケット」になりますので、需要面は良いと思います。

総評としては、これと言って評価する点は少ないですが、需要面が良いので公募割れはなく、相応の初値になると予想しています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク