IPO初値予想「アイモバイル」良くも悪くも微妙?

スポンサーリンク

IPO初値予想「アイモバイル

上場日:2016/10/27

市場:東証マザーズ

業種:サービス業

公開株数:6,373,800

公開価格:1,320円

主幹事:SBI

事業内容:アドネットワークなどインターネット広告サービス事業

アイモバイルの考察

アイモバイルについては、IT系ということで、業種としては、IPOとして人気的があると思います。また、ITでも「広告事業」ということで、伸びしろもあると思います。

主要大株主は、ロックアップの掛かりが甘く、VCはいませんが「4円」で行使可能なSOが大量にあるのが大変気になります。売上は、年々順調に伸びていて、直近では、特に問題ないと思います。

今回は、主幹事がSBIということで、成売(初値売り)が多くなると思いますので、その成売をどこまで吸収できるかが、初値形成のポイントになると思います。また、大型IPO特有の下値も重い代わりに、上値も重い展開を予想します。

そして、アイモバイルを総合的に判断すると、IPOとして、良い面と悪い面が交錯しているような状況だと思いますので、その初値としては「公開価格前後」になると予想します。

初値予想

評価:C(3)

初値予想:1,320円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク