IPO新規承認「ハイアス・アンド・カンパニー」その業態はIT系?不動産系?

スポンサーリンク

IPO新規承認「ハイアス・アンド・カンパニー」

ハイアス・アンド・カンパニー」がIPOで新規承認されました。

事業内容は「住関連産業に係るASPシステムの提供及び事業ノウハウ等のソリューション提供」となっています。

そこで、ホームページを拝見させて頂いたのですがが、注目すべき「ASPシステム」云々のことは書いておらず、業態として、IT系なのか?不動産系なのか?わからずでした。

そこで、ASPシステムについて詳しく書いてないということは、そのハイアス・アンド・カンパニーは「不動産系」になると私は認識しています。

ハイアス・アンド・カンパニーのIPOスケジュールなど

主幹事  日興
市場   マザーズ
想定価格 850円
当選枚数 5,400枚
BB期間 3/18~3/25
当選発表 3/28
上場日  4/5

ハイアス・アンド・カンパニーの総評

やはり注目すべきは、事業内容に書いてある「ASPシステム」だと思います。

IPOでは、IT系になるのか?不動産系になるのか?その業種によって大きく初値が変わると思いますので、そこが重要な部分だと思います。

もちろん、IT系になればIPOとしては人気があり、逆に不動産系になればIPOとしてはあまり人気がありません。

私は、ハイアス・アンド・カンパニーについては不動産系と認識していますので、IPOとしては後者になると思いますので、その点でマイナスだと思っています。

吸収金額は少なく、当選枚数も差ほど多くなく、主要株主にはロックアップがしっかりと掛かり、想定価格も安いですので、需要面は大変良く、その点で初値は軽いと思っています。

総評としては、需要面を評価して初値割れはないと思いますが、業態がマイナスですので、初値としては、公募の「1.5倍程度」が妥当なのなかと思っています。

スポンサーリンク