IPO初値予想「ほぼ日」話題性が高く初値は上々!?

スポンサーリンク

IPO初値予想「ほぼ日

上場日:2017/3/16

市場:JQS

業種:小売業

公開株数:460,000

公開価格:2,350円

主幹事:みずほ

事業内容:インターネットを利用したコンテンツ提供および商品の企画・販売

ほぼ日の考察①

ほぼ日の業種については「小売業」ということで、IPOの業種の人気としては「弱い」と予想します。

そしてほぼ日は、コピーライターで有名な「糸井重里氏」が取締役となっていて、話題性が比較的高く、その点はメリットになると思います。

また、当選枚数は少な目ですので、その点での需要面は良いと思います。

ほぼ日の考察②

主要大株主には、1.5倍のロックアップでVCなし、SOはありますが枚数的に問題ないレベルだと思いますので、その点での需要面は「普通」といった感じになると思います。

会社の売上については、緩やかですが年々伸びていまので、問題ないレベルだと思います。

ほぼ日の考察としては、特に大きなデメリットは見つからず、さらに話題性が比較的に高いメリットなどがありますので、初値としては、公募価格の「2倍以上」と予想します。

初値予想

評価:A(7)

初値予想:5,200円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク