IPO(新規公開株)に当選する秘訣とは諦めないこと!?

スポンサーリンク

IPO(新規公開株)に当選する秘訣とは?

IPO(新規公開株)に当選する秘訣とは、より多くの証券会社(主幹事も含めた幹事)からIPO(BB=ブックビルディング)に申し込むことだといわれます。

これは、ある意味正解だと思うし、ある意味不正解だと私は思っています。

その理由は、多くのIPOに申し込むよりも、むしろ主幹事だけでも良いので、当選することを諦めずに申し込みができる人だけが、結果的に当選できると思っているからです。

とにかく、IPOに限らずどんな物事でも、諦めた瞬間に負けだと思います。

IPO初心者にありがちなこと

IPO初心者の人は、始めは意気込んで、多くの証券会社の口座を開き、その開いた証券会社から多くのBB(ブックビルディング)に申し込みをします。

しかし、何度申し込みをしても落選が続き、そのうち資金移動やIPOの抽選に参加すること自体が面倒になってしまう。

そして結果的に、IPOを止めてしまったという人を私は何人も知っています。それは、IPOを諦めてしまったということで、それでは当選するはずもありません。

そこで、上記にも書いたようにIPOに当選するには、当選することを諦めずにコツコツ申し込みできる人が当選するということです。

IPOは落選するのが当たり前!?

IPOは、落選するのが「当然」で「当たり前」です。それは、IPOの当選確率は「1%以下」で、100回申し込んで1回当選するかしないかの確率だからです。

また、IPOに簡単に当選するなら誰もが始めますし、多くの人がIPOで億万長者になっていると思います。しかし、IPOでそんな現実はありません。

もちろん、IPOの当選だけで億を稼いだ人も中にはいると思います。しかし、それは元々資金力がある人で、そのような人を差してIPOは簡単に儲かるというのは違うと思います。

そして、資金の少ない庶民が、簡単に稼げる投資など存在しないということです。

IPOは厳しい世界!?

繰り返しになりますが、IPOに当選する確率は主幹事からの申し込みで「1%以下」といわれています。それは、100回申し込みをして初めて1回当選する。そんな低い確率です。

もっといえば、100回のIPOに申し込みをするということは・・・

年間でIPOが上場される総数以上に匹敵しますので、1年間欠かさずIPOの申し込みをして、やっと1つの当選が取れるかどうかの厳しい世界だということです。

上記のIPOの当選確率が1%以下というのは、あくまでも「人気のある」優良IPOのことを差していいます。

IPOは諦めないことが大切!

最近は、IPOも人気となり、人気のあるIPOの当選確率は1%以下で、それだけ人気のあるIPOの当選確率は低いということです。

ですのでIPOは、宝くじや懸賞などの当選結果を確認する「ドキドキ感」みたいなものを楽しむように参加する。それは、当選することがメインではなく「楽しむこと」をメインに参加するということです。

そのような感じで、細く長く楽しみながらコツコツIPOに申し込み続けた人だけが、結果としてIPOに当選するのだと思います。

それが、IPOに当選する秘訣で、諦めないことが大切だということです。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク