IPO新規承認「HANATOUR JAPAN」オリンピックまでは安泰!?

スポンサーリンク

IPO新規承認「HANATOUR JAPAN」

このほど「HANATOUR JAPAN」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「訪日外国人向けツアーの地上手配を中心とする旅行事業、貸切バス・免税販売店・ホテル等施設の運営事業」になっています。

HANATOUR JAPANについては、オリンピックを見越しての上場と読みますが、売上や利益などの業績を見ると良く、しばらくは安泰が続きそうですね。

HANATOUR JAPANの上場スケジュールなど

主幹事  みずほ証券
上場予定 東証マザーズ
想定価格 2,580円
当選枚数 29,325枚
BB期間 11/27~12/5
当選発表 12/6
申込期間 12/7~12/12
上場日  12/15

※ 記載ミス、スケジュール変更など、上記と異なる場合があります。

HANATOUR JAPANの総評①

HANATOUR JAPANの業種については「サービス業」(旅行業)になりますので、業種の人気としては「低い」と思います。

ただし、外国人向けに特化している点で、一定の高い評価をできる面があると思います。

当選枚数は「29,325枚」とマザーズとしては多いですので、その点での需要面は良いとはいえないと思います。

また、主要大株主には「90日」のロックアップ、VCなしSOなしですので、その点での需要面は良いと思います。

会社の売上や利益については年々伸びていますので、特に問題ないと思います。

HANATOUR JAPANの総評②

HANATOUR JAPANの総評としては、業種の人気としては低いですが、外国人向けに特化している点を加味すると、人気は普通程度になると思います。

ただし、当選枚数(吸収金額)が多く、需要面での不安はぬぐえず・・・

また、直近にIPOが詰まっていることを考え、資金が回ってくるかを考えると、さらに需要面で不安が大きいと思います。

そこで、オリンピック需要などで急激に業績が伸びていますので、オリンピックと絡めてその辺をどう判断するかが、初値形成のカギになると思っています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク