グローバルウェイは去年のネオジャパンの再来となるのか?

スポンサーリンク

グローバルウェイはネオジャパンの再来か?

去年の11月に大幅な初値を付けた「ネオジャパン」

公開株数「253,000」公開株価「2,900円」に対して、初値はなんと!公開価格の「5倍以上」の「14,550円」の初値を付けました!!

そこで「グローバルウェイ」については、同じIT系で、ネオジャパンの株数より少ない公開株数が「19,500」となっていますので、大幅に初値が上がると期待されています。

需要面で弱い?

しかし、去年の11月は、IPOの良期で、IPO史上良いといわれてた時期でした。

さらに、そのネオジャパンについては、株数的な希少性もさることながら、主要株主のほとんどに「180日」というロックアップが掛かっていたからこそ成せる初値だったと思います。

一方、グローバルウェイについては、主要株主のほとんどにロックアップが掛かっているものの「1.5倍解除」となりますので、需要面だけを見るとネオジャパンの方に軍配が上がると思います。

取り合えずの初値予想

そこで、初値としては、ネオジャパンとグローバルウェイが同等と読むなら5倍となるところですが、需要面だけ考えると5倍となるのは少々厳しいと思っています。

さらに、グローバルウェイがIT系とはいうものの、特に特出した業務や技術が見受けられるというわけでもないと思いますので、業務的に見てもネオジャパンの方に軍配が上がると思います。

そこで、グローバルウェイの初値としては、公開価格「2,960円」の3倍前後の「8,000~9,000円前後」が妥当な初値なのかなと思っています。

しかし・・・

ただし、グローバルウェイの上場以降、今のところ上場する企業がありませんので、上場するタイミングとしては最高に近い形だと思います。

また、これに地合い良さも絡めば、もしかしたらネオジャパンと同等の初値5倍、さらに上もあるのかもしれないと思っています。

しかし、そんなに甘くないのがIPOだとも思っています。

そこで、グローバルウェイの上場はまだ先の話しですが、今からどのような初値が付くのか楽しみにしています。

最後に

希少性の高いグローバルウェイに私みたいな庶民が当選することはマズないことだと思いますが、仮に当選したとしたら嬉しくて「やった!」とか「ヨッシャ!」とか近所に聞こえるぐらいの大声を上げてしまうと思います。

落選するとわかっていても、万が一の可能性を見てしまうのがIPO

そんなIPOで、良い意味で期待を裏切ってくれ、グローバルウェイに「当選!」なんてことにならないかと、1%以下の当選確率だとは思いますが、今からほんの少しだけですが期待しています。

スポンサーリンク