名証IPOの人気薄を再確認!岐阜造園の初値を見て思うこと

スポンサーリンク

始めて名証(岐阜造園)のBBに参戦!

今まで、名証上場のIPOについては、BBに参戦することはありませんでした。それは、名証の規模が小さいのと、欲しいと思う名証上場のIPOが承認されなかったからです。

そして、今回初めて「岐阜造園」のBBに参戦したのですが、BBに落選したものの、名証について、始めて詳しく調べることになりました。

そして、今日上場された岐阜造園ですが、公開価格「1,150円」に対して、その初値としては「1,191円」(+41円)となり、初値割れはしませんでしたが、私の初値予想としては「1,350円」としましたので、私の予想と大幅な誤差がありました。

その私の初値予想の根拠としては、過去の東海東京主幹事の初値の結果、また、名証上場初値については、今まで初値割れしたことがないという理由から初値予想をしました。

東海東京主幹事 過去の実績

■2016年
・丸八HD     公募価格:680円  初値:757円
・ブラス      公募価格:4,370円 初値:4,650円
・バリューゴルフ  公募価格:1,280円 初値:3,215円

■2015年
・ベステラ     公募価格:2,500円 初値:3,125円
・KeePer技研     公募価格:2,120円 初値:3,160円

■2014年
・東京ボード工業  公募価格:2,180円 初値:2,005円
・日本PCサービス 公募価格:480円  初値:805円
・ポバール興業   公募価格:980円  初値:1,045円

東京ボード工業(東証2部上場の人気薄)は初値割れしていますが、それ以外では、全て公開価格上で初値が決定しています。

名証 過去の実績

・2016年 丸八HD    公募価格:680円 初値:757円
・2015年 アートグリーン 公募価格:420円 初値:614円
・2014年 ポバール興業  公募価格:980円 初値:1,045円

最後に

上記の2点を加味して、私は初値予想をしたのですが、名証がここまで人気薄だったとは、今回の岐阜造園の初値を見て再確認しました。

今後は、名証のBBに参戦するにしても初値予想をするにしても、名証は「人気薄」だということを加味して考えたいと思っています。

ただし、岐阜造園については、今回初値割れしませんでしたので「名証上場のIPOは初値割しない!」との神話は、まだまだ続いています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク