IPO初値予想「グレイステクノロジー」人気のクラウドサービス!

スポンサーリンク

IPO初値予想「グレイステクノロジー

上場日:2016/12/21

市場:東証マザーズ

業種:サービス業業

公開株数:280,100

公開価格:3,100円

主幹事:東海東京

事業内容:産業機械を中心とした各種マニュアルの作成・管理・運用を行う基幹システム「e-manual」の提供、クラウドサービス運営およびマニュアルの企画・制作・翻訳

グレイステクノロジーの考察

グレイステクノロジーについては「サービス業」(クラウドサービス)ということで、業種的に、IPOの人気としては「若干強目」と思います。

主要大株主には、SBI系のVCが並び、行使可能なSOもありますので、その点での需要面は、悪いと見ます。

また、売上及び利益については、横ばいといった感じで、経営的な不安があると思います。

グレイステクノロジーの考察としては、IPOでは人気のクラウドサービス、当選枚数の少ないプラチナチケットとなりますので、初値割れはないと予想します。

しかし、VC及びSOの存在が気になり、また、売上は横ばいですので、今後のマニュアル事業に伸びしろがあるか不明な点もあり、初値予想としては、ロックアップ解除の1.5倍上と予想しています。

初値予想

評価:B(6)

初値予想:4,750円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク