IPO初値予想「フュージョン」アンビシャス上場でなければ!

スポンサーリンク

IPO初値予想「フュージョン

上場日:2017/2/23

市場:札証アンビシャス

業種:情報・通信業

公開株数:160,000

公開価格:1,140円

主幹事:岡三

事業内容:ダイレクトマーケティング事業(ビッグデータなどの分析、マーケティングシステムの提供、各種プロモーションの企画・制作・コンサルティング)

フュージョンの考察

フュージョンについては「IT系」ということで、業種的にIPOの人気としては「強い」と思います。また、吸収金額については、アンビシャスとしては、普通程度になると思います。

主要大株主には、180日のロックアップが掛かっていますので、需要面は良いと思います。また、会社の売上については、年々伸びていますので問題ないレベルだと思います。

フュージョンの考察としては、当選枚数の少ない人気のIT系ですので、普通に人気が出ると思いますが、人気薄のアンビシャス上場を加味すると、上げても2倍前後の初値になると予想しています。

初値予想

評価:A(7)

初値予想:2,280円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク