IPO初値予想「フルテック」公募前後で決まり!?

スポンサーリンク

IPO初値予想「フルテック

上場日:2017/3/22

市場:東証2部

業種:サービス業

公開株数:1,287,000

公開価格:600円

主幹事:野村

事業内容:自動ドアの開閉装置の販売・施工・保守、ステンレス建具の製造・販売など

フルテックの考察①

フルテックについては「サービス業」ということで、IPOの業種の人気としては「弱い」と思います。また、公開株数は多目ですが、公開価格が安いので買いが入りやすい状況はメリットになると思います。

主要大株主には、90日のロックアップ、VCなしSOなしですので、その点の需要面は良いと思います。また、会社の売上については年々伸びていますので、特に問題ないレベルだと思います。

フルテックの考察②

フルテックの考察としては、野村主幹事、公開価格が安く買いが入りやすいなどのメリットがあると思います。

ただし、IPOでは人気薄の東証2部上場、業種が弱いなどのデメリットもあると思いますので、初値としては公募より少し上といった感じになると予想しています。

また上場日は、2社同時上場、さらに、インターネットインフィニティと力の源ホールディングスの2社が持ち越しとなりましたので、その点は大きなデメリットになると思います。

初値予想

評価:C(4)

初値予想:650円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク