IPO初値予想「Fringe81」人気のIT系で人気は上々!?

スポンサーリンク

IPO初値予想「Fringe81

上場日:2017/6/27

市場:マザーズ

業種:サービス業

公開株数:299,100

公開価格:2,600円

主幹事:野村

事業内容:インターネット広告配信プラットフォーム(アドネットワーク)などのサービス開発から広告主のマーケティング支援サービスの提供、ならびにHR(人的資源)テック領域などでのウェブサービスの提供など

Fringe81の考察①

Fringe81の業種については「IT系」ということで、IPOの人気としては「強い」と思います。

また、当選枚数は少なく「プラチナチケット」(希少株)になりますので、その点での需要面は良いと思います。

主要大株主には、ほぼ「1.5倍」のロックアップが掛かっていますが、VCありSOありで結構な株数がありますので、その点での需要面は良いとはいえない状況だと思います。

また、会社の売上についは年々伸びていますが、前年度まで赤字経営(今期黒字予定)でしたので、経営的な面で不安が残ると思います。

Fringe81の考察②

Fringe81の考察としては、IPOでは人気の「IT系」になりますので、それなりに人気が出ると思います。

また、野村主幹事のプラチナチケットで、上場するタイミングも悪くないと思いますので、その点などもメリットになり人気が出ると思います。

しかし、IT系とはいうものの「広告技術の開発」ということで、ITとしての技術的な目新しさは少なく・・・

さらに、VCありSOありで需要面での不安、また、前年度まで赤字経営(今期黒字予定)が続いていましたので、経営的な不安もあると思います。

初値予想

評価:A(8)
初値予想:5,500円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク