IPO初値予想「フォーライフ」IPO渋滞で初値は厳しい!?

スポンサーリンク

IPO初値予想「フォーライフ

上場日:2016/12/22

市場:東証マザーズ

業種:不動産業

公開株数:273,000

公開価格:2,280円

主幹事:みずほ

事業内容:分譲住宅事業および注文住宅事業

フォーライフの考察

フォーライフについては「不動産業」ということで、業種的にIPOの人気としては「弱い」と思います。また、当選枚数は少ない「プラチナチケット」になります。

主要大株主には、1.5倍のロックアップが掛かっています。そして、VCなしSOなしですので、その点での需要面は良いと思います。また売上は、年々上がっていますので、特に問題ないと思います。

フォーライフの考察としては、当選枚数の少ないプラチナチケットになり、需要面も売上も問題はなく、業種的に弱い面はありますが、初値割れはないと予想します。

しかし、人気の「エイトレッド」と同上場日で、さらに、前日上場される「フォーライフ」と「セグエグループ」が持ち越しとなれば、資金が分散され、業種的に人気薄のフォーライフについては、不利な状況になると思います。

そして、年末でIPOが重ならなければ、1.5倍以上の初値は堅いと思いますが、今回は、年末でIPOが重なりますので、一段評価を下げました。

初値予想

評価:C(4)

初値予想:3,200円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク