SBI主幹事「フィット」の当選ポイントや配分数を考える

スポンサーリンク

SBI主幹事フィット

IPOで新規承認された「フィット」について、SBIが主幹事で当選枚数も多目ですので、それなりにポイントを使えば当選が取れると思います。

そのフィットの事業内容を見ると「規格住宅や規格戸建賃貸住宅の販売及び太陽光発電施設の販売」となっていて、いわゆる「不動産系」のIPOで株数(吸収金額)も多いですので、初値としては微妙だと思います。

当選ポイント

そこでフィットの当選ポイントはどのぐらいになるのかと予想するのですが、微妙な銘柄だけにそう多くないポイントで当選ができるのかなと思っています。

SBIが主幹事で株数的に似たような不動産系の会社なると「インベスターズクラウド」が思い出されますが、当時の市場の状況や人気としてはフィットに比べインベスターズクラウドの方が数段上になると思います。

そのインベスターズクラウドの当選ポイントは「145P」(予想)でしたので、フィットについては、人気差などを加味すると「100P以下」で当選ができるのではと思っています。あくまでも私の勝手な予想ですが・・・

配分数

ポイント当選での配分については、過去の例を見ると割り当て「200,000株」以上の銘柄については「300株」ですので、今回もご多分に漏れず「300株」と予想します。

また、ポイントを使わずの当選(通常当選)については、これも過去の例から「100株」と予想します。

ただし、人気不人気によって多少当選株数が前後すると思いますので、予想より多く当選したり、逆に少なかったりなども予想されます。

最後に

私は、フィットについては微妙な銘柄だと思っていますので、今回は、ポイント不使用でBBに参加する予定です。

当選したらもちろん購入する予定ですが、正直言ってあまり初値は期待していないです。

もちろん当選して初値が期待以上に上がってくれたらバンバンザイなんですけどね。

スポンサーリンク