IPO初値予想「フェイスネットワーク」野村証券主幹事の不動産業

スポンサーリンク

IPO初値予想「フェイスネットワーク」

上場日:2018/3/16

市場:東証マザーズ

業種:不動産業

公開株数:1,380,000

公開価格:1,400円

主幹事:野村証券

事業内容:投資用不動産の企画・開発・建築請負・販売および管理など

フェイスネットワークの考察①

フェイスネットワークの業種は「不動産業」になりますので、業種の人気としては「低い」と思います。

当選枚数(吸収金額)は「1,380,000」と多いですが、公開価格がそれほど高くありませんので、その点での需要面は普通かと思います。

また、主要大株主には「90日」のロックアップ、VCなしSOなしですので、その点での需要面は良いと思います。

会社の売上や利益については、年々のびていますので、特に業績に問題はないと思います。

フェイスネットワークの考察②

フェイスネットワークの考察としては、業種の人気としては不動産業ですので低く、IPOでは荷もたれ感が強いと思います。

また、当選枚数もそこそこ多く、需要的にも良いといえないと思います。

ただし、主要大株主には「90日」のロックアップが掛かり、業績も問題ないと思いますので、公募割れはないと予想します。

また、主幹事は安定感がある野村証券ですので、上値は限定されると思いますが、初値は公開価格の「1.5倍程度」は固いのかなと予想しています。

初値予想

評価:B(5)
初値予想:2,100円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります。

スポンサーリンク