IPO初値予想「エボラブルアジア」

スポンサーリンク

IPO初値予想「エボラブルアジア

上場日:2016/3/31

市場:マザーズ

業種:サービス業

公開株数:1,146,700

公開価格:1,800円

主幹事:SBI

事業内容:主に国内航空券のインターネット販売に特化したオンライン旅行事業、訪日旅行事業、アジアで情報技術(IT)開発を行うITオフショア開発事業

考察

エボラブルアジアは、一応IT系になると思いますのでで、IPOとしては人気があり良いと思います。ただし、旅行系のIPOは、過去にポツポツと出ていますが、印象として良いという印象があまりない。

公開株数(吸収金額)は「中型」で、主要株主にはロックアップが掛かりが甘く、VCやストックオプションもありで、需要面は良いとはいえないと思います。

さらに「PR TIMES」と上場日が重なりますので、資金の分散が懸念されます。

売上としては、拡大傾向にあり悪くはないと思います。

総評としては、やはり「PR TIMES」と上場日が被るのが痛い、さらに吸収金額もそこそこ大きく、ロックアップの掛かりの甘さやストックオプションの多さを加味すると、悪くはないけど良いとの評価はできない状況だと思います。

初値予想

評価:B(5)

初値予想:2,200円前後

スポンサーリンク