IPO初値予想「デュアルタップ」

スポンサーリンク

IPO初値予想「デュアルタップ

上場日:2016/7/21

市場:JQS

業種:不動産業

公開株数:506,000

公開価格:1,110円

主幹事:SBI

事業内容:不動産販売事業、不動産賃貸管理・仲介事業および海外不動産事業

デュアルタップの考察

デュアルタップについては、不動産系ということで、IPOとしての人気は、一段落ちるような形になると思います。

主要株主には、ほぼロックアップが180日掛かっていますが、全てではなく掛かりが甘く、またストックオプションの未行使も少しありますので、その点での需要面は普通といった感じになると思います。

売上は年々に伸びていて、またマイナス金利の影響などもあり、業績は良い方向に向いていると思います。

メリットとしては、公開株数が少なく業績が良い点、デメリットとしては、IPOでは人気の落ちる不動産系、JQS上場、インソースと上場日が重なる点

総評としては、良い悪いが混同する状態だと思いますので、初値割れはないと思いますが、上値も重い展開になると予想しています。

初値予想

評価:B(6)

初値予想:2,000円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク