IPO初値予想「デファクトスタンダード」意外と高評価かな!?

スポンサーリンク

IPO初値予想「デファクトスタンダード

上場日:2016/8/31

市場:東証マザーズ

業種:小売業

公開株数:1,265,000

公開価格:1,630円

主幹事:大和

事業内容:ブランド・ファッションに特化した自社運営サイト「ブランディア」および他社提携のEC(電子商取引)サイトを通じた宅配買い取り、販売

デファクトスタンダードの考察

デファクトスタンダードについては、業種は「小売業」となっていますが、メインはサイトを通じたサービスを行っている企業になりますので、小売業といいながらもIT系に近い形になると思います。

IT系は、IPOとしては人気がありますので、業務内容としては良いと思います。

また、自社運営サイト「ブランディア」についても、テレビで宣伝しており知名度もありますので、良いと思います。また、売上も順調に伸びていますので、その点でも良いと思います。前回のIPOから空白期間があるのも良いと思います。

デメリットとしては、吸収金額が大きい。主要株主のロックアップの掛かりが甘い。SOの未行使がある。同業他社が多数存在している。そんなところになると思います。

そこで、デファクトスタンダードの考察としては、総じて良い面が多いとIPOだと思いますので、その初値としては「2倍前後」だと予想しています。

初値予想

評価:A(7)

初値予想:3,400円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク