大和証券の株式保有でIPOの当選確率アップと配当金の2重取り!

スポンサーリンク

IPOには欠かせない大和証券

大和証券といえば、IPO(新規公開株)には欠かせない証券会社だと思います。それは、IPOの主幹事を含め幹事入りすることが多い大手証券会社だからです。

ちなみに、去年(2016年度)大和証券が主幹事になったのは「16社」で、日本のすべての証券会社の上位「3位」の証券会社となっています。

1位 野村(23)
2位 みずほ(20)
3位 大和(16)
3位 日興(16)
5位 SBI(10)

※()は主幹事数

チャンス回数&配当ゲット!

大和証券の株を「1000株以上」保有しているとIPOに有利なことがあります。

それは、IPOに有利になる「チャンス回数」(再抽選)の寄与と年間で「2.9万」(2016年度)の配当金を得ることができるます。(チャンス回数は最大「10回」まで)

その「チャンス回数」とは?

大和証券では、IPOの抽選の際に「落選した人」を対象にもう1度抽選を行う「再抽選制度」があり、その再抽選を受ける制度を「チャンス回数」いいます。通常は1回ですが、このチャンス回数を増やすことでIPOの当選確率を上げることができます。

大和証券のチャート

現在(2017年5月19日現在)の大和証券の株価は、安いというわけではありませんが、高値圏内ではありませんので、比較的買いやすい株価だと思います。

最後に

そこで、IPOの当選確率を少し上げたいと思うなら大和証券の株を購入して保有するというのも1つの手だと思います。資金的に余裕があるなら保有しても良いと思います。

ただし、大和証券に限らず株を保有すれば、それなりの「リスク」を伴いますので、買う買わないは個人の判断でお願いします。

また、チャンス回数が増えたからといって、過去の例から劇的にIPOの当選確率が上がるわけでありませんので、過度に期待し過ぎるのは禁物だと思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク