コインチェックの仮想通貨「NEM(ネム)」は戻ってこない?

スポンサーリンク

NEMが580億円分流出

以下、朝日新聞などから抜粋した記事になります。

大手仮想通貨取引所のコインチェック(東京都渋谷区)は26日、外部から不正なアクセスを受け、顧客から預かっていた仮想通貨「NEM(ネム)」約580億円分が流出したと発表した。

原因や影響人数については調査中という。顧客への補償は「検討中」と述べるにとどめた。

コインチェックの説明によると、26日午前、社内でNEMの残高が大幅に減少していることが判明し、午後にかけて売買や入出金を停止

その後、ビットコインなどを含むすべての仮想通貨や日本円の出金を停止した。

同社が保有するNEMはほぼすべて失われたという。

今回は厳しい結果になる?

そして問題は、今後の補償についてだと思いますが・・・

顧客への補償といっても「ない袖は振れない」わけで、記者会見で補償云々について言葉を濁したということは、補償されるのは厳しいのではないでしょうか?

それは、あくまでも私の個人的な意見ですが・・・

また、コインチェックの仮想通貨は「信託保全」されていませんので、今回は厳しい結果になると思います。

ちなにみ信託保全とは、投資資金を信託銀行に託す事で、会社に万が一の事(倒産)があって も、信託銀行かを通じて預けていた資金が返却されるという仕組みです。

例えば、銀行なら1000万までの補償がありますし、証券会社も大抵信託保全されていますので、購入した株などは補償の対象になります。

最後に

コインチェックは、仮想通貨交換業者の登録を受けていない「みなし業者」になります。(登録の申請はしていたようですが・・・)

そこで、今回のことでコインチェックのようなみなし業者は、改めて危険だと感じました。

そして、コインチェックは、大々的にテレビなどで宣伝していましたので、被害にあわれた方は多かったことだと思います。

今後は、上記に書いた信託保全などをすることで、顧客が安心して仮想通貨を取引できるように改変されることを切に願います。

追記

仮想通貨取引所「coincheck」で顧客から預かっていた仮想通貨「NEM」が流出した件で、運営元のコインチェック(東京都渋谷区)は1月28日、対象となる顧客約26万人に日本円で返金すると発表した。

総額は約460億円で、原資は自己資金でまかなうという。補償時期や手続き方法は検討中としている。

私個人では、仮に補償されたとしても少額だと思っていましたので、まさかの対応にビックリ!で、コインチェック(NEM)で取引していた人は、全損しないで済みそうですね。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク