チェンジはSBIで何ポイントを使えば当選できたのか?

スポンサーリンク

SBI主幹事「チェンジ」

SBI主幹事の「チェンジ」について、SBIで何ポイントを使えば当選できたのかを調べてみました。以下、その結果を書きたいと思います。

・219ポイント 当選
・213ポイント 当選
・208ポインと 当選
・203ポイント 落選
・200ポイント 落選
・190ポイント 落選

上記の結果から「205ポイント前後」で、当選OR落選が別れたと思います。さらに、ポイントでの配分は「200株」と判明しました。

私の当選ポイントの予想

私の当選ポイントの予想としては「180ポイント前後」もしくはそれ以下と予想していましたので、私の予想と実際の結果には「20ポイント以上」の開きがあったということです。

そこで思うのは、SBIのチャレンジポイントの「インフレ」が始まっているということ。

また、ポイントがもっと高いインフレになる前に、ポイントを使ってしまおうとの思惑が絡んで、今回の当選ポイントが上がったと予想します。

私は、これは、ある意味正解であると思うし、ある意味不正解だと思っています。

将来のことは誰にもわからない!

それは、今後チャレンジポイントがインフレになる可能性は、過去にキャンペーンをしてポイントを多く配った経緯から明らかだと思います。

しかし、それは、今後ポイントのインフレが起こるだろうとの「予想」であって、もしかしたら、今以上のインフレがない可能性も少なからずあると思います。

ということは、今、急いでポイントを使ってしまうと、後々後悔する可能性も少なからずあるということです。

そこで、どちらかを選べといわれれば、当然インフレになる可能性が「大」だと思っていますが、将来的なことについては不明ですので、可能性としてポイントを急いで使うことで、後悔する可能性もあるとの話しです。

最後に

今回のチェンジについては、初値が「3,000円」超えれば、ポイントを使った価値は十分とはいえませんが、あると思います。初値3,000円が最低ライン!?

しかし、直近のIPOの初値を見渡して見ると、正直な話し、初値3,000円超えは、微妙というか厳しいかもしれないと思っています。

さて、結果はどうなるのか?上場日までのお楽しみです!

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク