IPO初値予想「キャリアインデックス」ZMP上場中止の影響は?

スポンサーリンク

IPO初値予想「キャリアインデックス

上場日:2016/12/14

市場:東証マザーズ

業種:サービス業

公開株数:496,800

公開価格:6,060円

主幹事:SBI

事業内容:インターネットを活用した集客プラットホームの運営事業

キャリアインデックスの考察

キャリアインデックスについては「サービス業」(派遣業)ということで、業種的にIPOの人気としては「弱い」と思います。

当選枚数は少な目ですが、公開価格が高いですので、吸収金額としては「普通」といった感じになると思います。

主要大株主には、掛かりが甘いですが180日のロックアップ、行使可能なSOはなしですので、その点での需要面は良いと思います。

売上については下降気味で、この点についての評価は、かなり低くなると思います。

メリットとしては、相場の状況良し、需要面良し、前回の上場より1週間ほど期間が開いている。一方、デメリットとしては、業種が弱い、売上下降気味、初値売りが多いSBIが主幹事というのがあると思います。

そして、最終的な初値予想としては、良い悪いが交錯しているような状況だと思いますので、初値割れはないものの、上値も重い展開になると予想しています。

ZMPの上場中止の影響は?

ZMPの上場中止の影響は、上場するIPOが1つでも少なくなれば、他に上場するIPOにとっては、多少有利にはなるとは思います。

しかし、キャリアインデックスの場合は、ZMPの上場中止の影響は、ほとんどないと予想しています。

それは、ZMPと上場日が被っていたわけでもなく、資金の分散などもありませんので、影響するとするならば、むしろ相場の状況の方が、大きく影響すると思います。

初値予想

評価:C(4)

初値予想:6,560円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク