IPO初値予想「ビーグリー」厳しい初値と予想しています。

スポンサーリンク

IPO初値予想「ビーグリー

上場日:2017/3/17

市場:東証マザーズ

業種:情報・通信業

公開株数:5,217,800

公開価格:1,880円

主幹事:野村

事業内容:コンテンツプラットフォーム事業(コミック配信サービス「まんが王国」の運営など)

ビーグリーの考察①

ビーグリーの業種については「情報・通信業」(IT系)ということで、IPOの業種の人気としては「強い」と予想します。

また、当選枚数は多目ですので、その点での需要面は悪いと予想します。

主要大株主には、180日のロックアップでVCあり、SOがありますが問題ないレベルだと思いますので、その点での需要面は良いと予想します。

また、会社の売上については、年々伸びていますので、特に問題ないレベルだと思います。

ビーグリーの考察②

ビーグリーの考察としては、安定の野村主幹事で、IT系となりますので悪くはないと思いますが・・・

しかし、大きな吸収金額をこなせるかがポイントで、前後に上場するIPOが詰まっていますので、上場スケジュールとしては悪く、無理をする必要もないと思います。

また、ジャパンエレベーターサービスホールディングスと同時上場、前日上場のほぼ日の初値が持ち越しとなれば、資金の分散が懸念されます。

そして、初値予想としては「公募前後」と予想しました。ただ、相場の状況次第では、ある程度プラスになると思っています。

初値予想

評価:C(3)

初値予想:1,880円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク