IPO初値予想「アズ企画設計」不動産業だけど問題なし!?

スポンサーリンク

IPO初値予想「アズ企画設計」

上場日:2018/3/29

市場:JQS

業種:不動産業

公開株数:310,500

公開価格:2,160円

主幹事:みずほ証券

事業内容:不動産の売買、賃貸借、管理

アズ企画設計の考察①

アズ企画設計の業種は「不動産業」になりますので、業種の人気は「低い」と思います。

当選枚数は「310,500株」と少ないので、その点での需要面は良いと思います。

また、主要大株主には「180日」のロックアップ、VCなしSOありですが、上場直後に行使できる株数はありませんので、その点での需要面は良いと思います。

会社の売上や利益については、売上は年々伸びていますが、利益は上げ下げしていますので、業績に不安があると思います。

アズ企画設計の考察②

アズ企画設計の考察としては、IPOでは荷もたれ感が強い「不動産業」になりますので、業種の人気としては低いと思います。

また、業績についても不安な面があり、そのような点もマイナスになると思います。

さらに、上場日はアジャイルメディア・ネットワークを含めると「3社同時上場」になりますので、資金の分散も気にまります。

ただし、当選枚数は少なくロックアップの状況などを見ると、需要的に良いと思いますので、公募割れはないと思います。

また、現在IPO相場の状況は良いと思いますので、その辺を加味して初値は、公開価格の「2倍以上」は固いと予想しました。

初値予想

評価:A(8)
初値予想:4,500円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク