IPO新規承認「AWSホールディングス」プレミア感満載で期待値MAX!?

スポンサーリンク


IPO新規承認「AWSホールディングス」

AWSホールディングス」がIPOで新規承認されました。

事業内容は「フィリピン子会社を活用したシステムソリューションの提供および医療情報システムのソフトウエア商品の開発・販売など」となっています。

IT系、医療系ソフト開発、当選枚数少なめで、IPOとして期待せずにはいられない!?

AWSホールディングスのIPOスケジュールなど

主幹事  SBI
市場   マザーズ
想定価格 2,400円
当選枚数 1,265枚
BB期間 6/2~6/8
当選発表 6/9
申込期間 6/13~6/16
上場日  6/21

※ 記載ミス、スケジュール変更など、上記と異なる場合があります。

AWSホールディングスの総評

IPOでは人気のIT系、さらに人気の医療系のソフト開発、当選枚数が少ないプレミア株、総じてIPOとして問題はないと思います。

主要株主には、ロックアップがほぼしっかりと掛かっています。さらに「180日間」のロックアップですので、需要面はかなり良いと思います。

ただし、売上を見ると不安定で、その点が問題といえば問題かな?

総評としては、特に何もいうことはなく、初値高騰する可能性が大で、かなり期待の持てるIPOだと思います。

その他(SBIポイントについて)

今回は、SBIが主幹事となります。

そこで、当選枚数の少なさから「SBIポイント」での当選は「100株当選か?」それとも「200株当選か?」それがかなり注目を集めると思います。

現時点では「100株当選」だと思いますが、その点については、もう少し詳しく調べてみる必要があると思っていますので、調べた後に後日記事にして公開したいと思っています。

スポンサーリンク