ソフトバンクがARMを約3兆3千億円で買収ってスゴ!

スポンサーリンク

フトバンクがARMを買収

ソフトバンクグループは7月18日、英半導体大手のARMを約3兆3000億円(240億ポンド)で買収すると発表しました。

ちなみに日本では、過去最高額の買収額だそうです。

ARMは、スマートフォンの頭脳のプロセッサ(AP)などを手掛ける英国企業

インテルとは異なり、自前ではチップを製造せず、設計のみを行うのが特徴の企業です。

世界のスマホシェア97%

ARMは、アップルやサムスン、クアルコムといった顧客に、チップの設計を提供し収益を得ています。

多くのモバイル製品がARM社設計のチップを採用しており「世界中のスマートフォンの97%がARM社設計チップを搭載している」という圧倒的なシェアを誇っています。

この情報を読む限りARMは、超優良企業なんだろうけど、それにしたって3兆を超えるお金をポン!と出せる孫社長が凄すぎる。

さらに、その孫社長はソフトバンクという日本企業の社長で、同じ日本で働く人として尊敬できる人物だと思っています。

IoT(インターネット・オブ・シングス)時代の到来

孫社長によると、これからの時代は、自動車が自動運転を担うようになり、家庭やオフィス、電柱の一本一本、人工知能が解析する情報を集めるセンサーなど、ありとあらゆるモノがインターネットに繋がるという。

そんな未来が到来すれば、こうした分野に独自の基盤技術を有するARMの潜在的な市場価値はどんどん大きくなるということです。

要は、ありとあらゆるものがインターネットに繋がれ、それを操作する基盤?チップ?にARM製が使われるようになるので、将来的に需要があるとのこと。

あらゆるものがインターネットにつながるIoT(インターネット・オブ・シングス)時代を見据え、同領域に強みを持つ同社を買収することで、需要の取り込みを目指すとのことです。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク