IPO初値予想「ABホテル」IPOも終盤戦に入りどうなる?

スポンサーリンク

IPO初値予想「ABホテル」

上場日:2017/12/25

市場:JQS

業種:サービス業

公開株数:828,000

公開価格:1,500円

主幹事:大和証券

事業内容:ホテル事業

ABホテルの考察①

ABホテルの業種については「サービス業」(ホテル業)ということで、業種の人気としては「低い」と思います。

当選枚数(吸収金額)は普通ですので、その点での需要面も普通だと思います。

また、主要大株主には、掛かりが甘い「180日」のロックアップ、VCなしSOありですが、上場直後に行使できる枚数はありませんので、その点での需要面は普通かと思います。

会社の売上や利益については、年々伸びていますので特に問題ないように思います。

ABホテルの考察②

ABホテルの考察としては、業種の人気としては低く、業態に関しても目新しさは感じられません。

また、当選枚数(吸収金額)も普通ですので、需要面で良いこともないと思いますので、これといって特徴がない銘柄になると思います。

ただし、これといったデメリットはなく、業績も伸びていますので、そういった意味では買いが多く入ると思います。

総評すると、IPOも終盤戦に入りこれといった銘柄の上場はありませんので、ABホテルにそれなりに資金が集中すると予想しています。

初値予想

評価:A(7)
初値予想:3,000円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク