今年1年間のIPOでの良い悪いあれこれを振り返る。

スポンサーリンク

2015年度のIPOを振り返る

2015年度は、新年最初のIPO(新規公開株)の「KeePer技研株式会社」(東京東海)に「当選」して「今年は幸先が良いぞ!」と思ったのもつかの間、その後、約半年近くも全く当選(リート除く)がなく・・・

その後、やっとのことで当選したのが「メニコン」(SBI)でした。

しかし、吸収金額の大きさから「大丈夫なのか?」と思いながらも、半年近くも当選していなかったことで「なんとかなるやろ?」との思いから購入を決意!その後、初値売りをして何とか約12万の利益をゲット

今年は波乱万丈のIPOだった!?

その後、メニコンの当選からまたもや数か月間も当選がなく、精神的にへこみにへこんでしまい、IPOから「半撤退」(主幹事のみの参戦)することを決意!

しかし、半撤退を決意したのもつかの間「ソネット・メディア・ネットワークス」(大和)に無事に当選!初値売りをして年末に何とか挽回することがきました。

今年1番の最悪の出来事とは?

今年1番最悪だった出来事は、郵政関連の株を全く購入しなかったことです。

郵政関連については「吸収金額が多過ぎるのでダメだろ?」との思いから、周りの意見を全く無視して聞き入れることなく、その郵政関連のBB(ブックビルディング)に参加することなく、数年に1度あるかないかのチャンスを逃してしまいました。

これについては、今思い返しても悔しくて仕方がない!もっと周りの意見を素直に聞き入れるべきだった。もっと真剣に情報収集すれば良かった。こんなことを思ってみても今更なんですけどね。タラレバの話しです。

最後に

今年1年間、正確には8ヵ月間ですが、つたないブログをお読み頂きありがとうございました。また、来年も引き続き当ブログを読んで頂ければ幸いだと思っています。

それでは、皆様、良いお年をお迎え下さい。

スポンサーリンク